マンションを一棟買いして豊かな暮らしをスタート

投資の知識

大阪ではRC造りのマンションや木造アパートに投資をする人が多くいます。収益物件に投資をする時は、物件の特徴を掴むことが大切です。新築はローンの期間が長くて、建物減価償却期間も長いです。中古は家賃の下落が止まっているメリットなどがあります。

男性

新しい保証人制度の利点

不動産投資を成功させるには常に入居者を確保することです。最近は核家族化が進んで保証人を見つけづらくなっています。少しでも入居者を増やすために家賃債務保証を導入するオーナーが増えています。これは保証会社が入居者の保証人になる制度です。入居者が家賃滞納した時でも保証会社が請求に応じてくれるので便利です。

安定した資産運用

スーツの人達

物件の買い方

近頃は低金利の影響もあり、将来の年金対策や節税対策の為にマンションやアパートなどの収益物件を購入し不動産投資をする人が増えています。物件の買い方としては、比較的少額の投資で始めることができる区分マンションを購入するのが一般的ですが、資金力がある人や高額なローンが組める人は物件を複数買うのではなく、マンションを一棟買いをする人もいます。一棟買いをするメリットとしては安定した収益が見込めることが大きいです。区分マンションでは空室になってしまうと収入がなくなってしまいますが、一棟買いをした場合、全室が空室になることは考えにくく、空室のリスクを分散させることができます。また、空室になり賃貸募集を出す際に、区分マンションの場合は他の部屋で募集賃料の減額があると、合わせざるを得なくなってしまう時がありますが、一棟買いをしていれば賃料は一律で設定することができる為、収益を管理しやすいです。このように収益を安定させやすい理由の他に、老朽化した際に修繕しやすいという点もあります。区分マンションの場合、マンションの共用部分や全体についての変更を自分の意見だけでは行うことができません。所有者全体の意見をあわせるには時間も労力もかかってしまいますが、一棟買いをしていれば自分の意思で大規模修繕や建て替えを行うことができます。このようなメリットがあるので投資額は大きくなってしまいますがマンションの一棟買いは人気があります。

アパート

空室で悩む大家さんへ

賃貸物件を所有している場合は、管理会社に任せるのが便利です。その管理方法の一つに一括借り上げがあります。サブリースとも呼ばれます。この方法は、空室があっても保証してくれるので、安定収入が見込めますが、家賃額が少なめになる、敷礼金が会社の収入になる、また契約更新時に家賃の見直しをされることもあります。