マンションを一棟買いして豊かな暮らしをスタート

新しい保証人制度の利点

男性

入居者を確保しやすくなる

資産運用のために不動産投資をする人が増えています。株や為替に比べるとリスクが小さいので、安全な投資法です。不動産投資のリスクは入居者が見つからないで空室が増えることです。そのリスクを減らすために、最近は家賃債務保証を導入するオーナーが増えています。家賃債務保証というのは保証人を立てずに、保証会社が入居者の保証人になる制度です。最近は核家族化が進んでおり、親戚づきあいもなくなってきています。そのため部屋を借りる時の保証人を見つけるのが難しくなっているのです。少しでも入居者を集めるためには従来の保証人制度をやめて、誰でも保証人を立てられる家賃債務保証制度を導入した方が有利なのです。オーナーにとっても家賃債務保証の方がメリットがあります。例えば入居者が家賃を滞納した場合です。従来の保証人制度は滞納分を保証人に請求したのですが、その時に色々なトラブルが発生しやすいのです。最悪の場合は訴訟に発展することもあります。しかし家賃債務保証では保証会社が保証人になるので、滞納や家賃の踏み倒しが発生した時もすぐに請求に応じてくれます。オーナーが家賃債務保証制度を導入する場合は、保証会社と契約を結ぶことになります。その際に手数料を取り決めることになります。今はたくさんの保証会社があるので、1社に決めないで複数の保証会社と相談して決める必要があります。選ぶ時には多くの実績があり、信頼できる保証会社を選ぶことが大切です。