マンションを一棟買いして豊かな暮らしをスタート

空室で悩む大家さんへ

アパート

サブリース利用が便利です

所有している不動産を、賃貸物件にして家賃収入を得たい時は、管理会社と契約するのがお勧めです。仮に大家さんに専従できるとしても、家賃の徴収に始まって、クレームやトラブルの対応、敷地管理や入居者退去後の原状回復など、仕事がかなり多いため、自分一人でやるのにはやはり限度があるからです。もちろんある程度は自分でできるという人もいますので、何をやってもらうかをきちんと決めておきます。まず、家賃の徴収やクレーム対応のみを行う管理会社があります。それから家賃保証といって、入居者の滞納などで家賃が定期的に回収できない場合に、立て替えてくれる会社もあります。さらに、空室がある時も、定期的な家賃保証をしてもらえることもあります。この場合は、一括借り上げという形を取ることになります。この一括借り上げは、サブリースとも呼ばれます。管理会社がその賃貸物件を丸ごと借りる、正に文字通りの一括借り上げです。この方法ですと、空室があっても保証の対象となるため、月々決まった収入が入ることになります。ただし、一括借り上げには注意しておきたい点もあります。まず保証される家賃の額は、通常の70パーセントから90パーセントになります。また敷金や礼金は、普通は大家さんの収入になりますが、一括借り上げの場合は管理会社の収入になります。その他、数年に一度ほどの割合で、契約更新が行われます。この場合、家賃改定を持ち出されることがありますので、その点にも気をつけましょう。