マンションを一棟買いして豊かな暮らしをスタート

投資の知識

図面と模型

投資の知識によって

収益物件は中古か新築かで、その特徴が異なります。経済が活発で変化の激しい地域では、収益物件に投資をする投資家が多くいます。特に大阪は地域ごとに様々な特徴があり、収益物件も個性的です。新築の収益物件は、ローンの期間が長いというメリットがあります。建物減価償却の期間も長いので、長期にわたって償却できます。そのため、新築物件は修繕などのランニングコストが低いです。一方で中古の収益物件は、家賃の下落が止まっていて、一度の減価償却費が高いメリットがあります。中古物件はリフォームによって、上手く差別化を図ることもできます。大阪では新築、中古とも人気が高いです。また、大阪の収益物件はRC造りのマンションの人気も高いですし、木造アパートの人気も高いです。RC造りのマンションは構造的に長期にわたって運用できますし、災害にも強いです。減価償却期間も長くて、木造よりも賃料水準が高いです。木造アパートは改築や建て替えにかかるコストを低くすることができます。そのため、建築コストやメンテナンス費用が低い木造アパートの投資から始める人も、大阪には多いです。投資は慣れることを考えることも、大切です。収益物件に投資して確実にキャッシュフローを得ることで、不動産投資を拡大することができます。二件目、三件目と不動産投資を広げていくことで、収益力を更に高めることができます。しかし、収益物件に投資をする際には、銀行の融資条件の変化に敏感になることも大切です。借入がしやすい時に投資を開始することは、とても重要です。